新品雑誌せどりってもう終了?リサーチできてない人多いですね~

シンイチです。

新品雑誌せどりってひと昔前流行りましたねー。
今やってる方ってどの位いるんでしょうね?

コンビニや本屋で買うだけで超簡単。

そんなイメージがありました。

まー、正直そんな簡単じゃないんですよ。

かなりの情報収集力と分析力が必須です。
後は、驚くような行動力とか。

これまで、たまーに解説はしてきました。

本屋の中で出品して、売れたら買うとか。
予約販売に近いような大胆な手法とかね。

そんな手法を発信している人は皆無。
ということは、やってる人はもう減ったんでしょう。

着眼点

新品雑誌は希少度合の判断がすべて。

そのためには、

「記事のマニアック度合」
「どの位の市場規模があるか」
「出版社の傾向」
「世の中でどう見られているか」

などなど。
超多面的な判断が必要です。

その辺のコンビニで買えるものは
所詮あっというまに飽和するわけですから。

なので、

新品雑誌 = 速攻で出品

みたいなイメージがあります。

それは半分位しかわかってないですね。

 あえて、「寝かしておく」わけです 

事例解説

今回の解説はこちらです。
↓↓↓

購入日:4/27
販売日:6/15
仕入額:1000円
販売額:2700円
入金額:2024円
利益額:1024円
利益率:38%

アマゾン仕入です。

 キーワードは、「TM NETWORK」です。 

「TM NETWORK」が出した「Get Wild」
しか入っていないCD。

それに合わせた記事が掲載されています。

「Get Wild」は当時非常に売れましたねー。
なので、その特集記事も人気。

割と単純な話です。

この手の新品雑誌も時々やるんですよ。
簡単なので。

ただ、どの段階で購入するのかというのが
かなり予測困難。

アマゾンでは人気の雑誌はすぐに在庫が
なくなります。
ただし、復活するんですよ。

私もリサーチをして気になった雑誌を
アプリに登録して流れを観察しますが、
大体7割位はダメですね。

この雑誌を私が仕入れた根拠は主に2つ

1.sound & recording magazineだから
2.出版社がツイッターでもう在庫はほとんどない
といっていたから。

簡単に解説すると、

1)

かなりマニアックな雑誌なんですよ。
sound & recording magazineは。
音楽をやっている人でもそんなに買っている人はそんな多くないんじゃないかなと。

記事も大体がかなりマニアック。

なので、

どんな売れても増刷はない
そもそも発行部数が少ない
記事がマニアックなので、一定層には相当ウケる

ということで、プレミア化しやすい。

「TM NETWORK」はファンの数多いですから。
普段買わない層が買うだろうという読みです。

2)

これは簡単。
twitterで

アマゾン分はもうなくなりました。 市場にあるものだけで終わりです。

というアナウンスがあったんですよ。
となると、これはもう手に入らないなと。
そもそも市場に出ている分なんて大したこと
ありませんから。

もし、新品雑誌をやるなら、この位の分析は瞬時にやれないとだめでしょう。

おすすめはしませんが、やれないわけではない。

そんな話でした。

あ、ちなみにアマゾンに送り込んだのは
超最近です。

6月10日だったかな。

もちろん、あえて寝かしておいたんですよ。

まとめ

新品雑誌せどりは別に終わったりしていません。
リサーチ力が足りないだけだと思いますよ。

いつだってなんだってせどりはリサーチ力がすべてです。

メルマガ登録はこちら
  ↓↓↓↓
メルマガ登録ページへ

ランキング参加中(いい記事と思ったら、ポチっと)
   ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です